イタリア・ドイツ・イギリス・米国の優秀な繊維・印刷・紙・フィルム加工業界向け周辺機器を輸入販売しております。

スピンドルテープ | 平テープ

スピンドルテープ | 平テープ基本情報

ZENTEXのスピンドルテープは、当初は精紡用に開発された布製でありながら強度も弾力もある使いやすくロスが少ない、軽くて耐久性のあるベルトです。近年はこのメリットを生かして、軽負荷のコンベアベルトとしても活用されております。 端には接着加工が施してあるので、取り付けが簡単です。

 

スピンドルテープ製品

スピンドルテープ製品

 

■特長

取付けが簡単。(プリアレンジ加工により、取付け時の接着剤塗布が不要で簡単に取り付けらる)
接合部がやわらかいため、接着点での破断が大変少ない。
弾性に富み伝導効率が良く、テンションを最小限にし、電力の節減がはかれる。
スリップがなく、撚りむらが起こらない。
ブレーキング時に起こる他錘の回転数低下が少なくなる。
耐久性に優れている。(25,000時間以上)

■タイプ別特長 

精紡機、撚糸機、ドローフレームに適し安定した回転が得られると同時に、接着加工が簡単で、接着ミスによるテープ切れがありません。

BN/Rタイプ

BN/Rタイプ

COIBENTタイプ

COIBENTタイプ

 

スピンドル駆動テープ 厚み mm.  重さmm./mt 摩擦係数 1%の伸長(N/cm) 最大幅mm.  溶接温度(℃)/時間(分) アプリケーション
 NORMAL  0.75  0.6  0.32  9.5  350  150/2 Machines for wet spinning of hemp and flat conveyor belts up to 100 mm wide for light weights
 COIBENT  0.80 0.65 赤側:0.33 白側:0.26 10  350  15/2 Wool spinning and twisting machines
 B28  0.60 0.55 白側:0.26 黒側:0.46  9.5 350 130/2 Very high speed cotton and synthetic yarn spinning machines. Use up to 20 mm wide is advisable
 BN/R  0.90 0.82 白側:0.26 黒側:0.50  14 350 150/2 Cotton and synthetic yarns spinning machines with heavy spindles and two-for-one twisters
 HST/R 1.10 1 赤側:0.29 緑側:0.54  22  350 130/3 Spinning machines with very heavy spindles and very high counterweight load
 ZETA1  0.65 0.60 赤側:0.60 白側:0.24  50 350 170/2.5 Very high speed cotton
■用途・実績

精紡機・撚糸機・ドローフレームに最適です。 また、軽搬送用として印刷業界においても使われております。

Zentexスピンドルテープの準備と接合用装置

テープを加工する機械も販売しております。各機種は下記詳細をご覧ください。

1面取り機
接合部分が二重の厚さになるのを防ぐために、スピンドルテープの端部を面取りする工具。
滑車上の研磨紙の摩耗を定期的に点検し、必要に応じて紙を交換してください。
-三相モータHP 0,25 220/380 V 1400 r.p.m.
-単相モータHP 0,25 220または110 V 1400 r.p.m.
2サーミスタプライヤー
テフロン加熱板を備えた工具。
定められた温度を一定に保つために、電子的に事前にセットされています。
プライヤプレートの圧力は、溶着するスピンドルテープの厚さに応じて調整ネジで容易に調節することができる。
2つのプライヤープレートは常にきれいに保持する必要があります。
– 抵抗120W 220V
3サーモトロニックプライヤー
サーミスタプライヤーの特性に加えて、これらのプライヤーでサーモスタットの温度を変更し、溶接に必要な時間をタイマーで設定することができます。
作動が完了すると自動的に消灯する警告灯により、溶接が完了したことがわかります。
-抵抗:120W 220V。

納期・価格等詳細については、お気軽にお問い合わせください。

Zentexスピンドルテープの準備と接合方法

接合はこのようにごく容易に行うことができます。

ze1カット

スピンドルテープの種類に応じてスピンドルテープを最適な長さプラス 20~30 mmで切断します。
例:長さ2,000mm+余分30mm⇒カットの長さ2,030mm

1面取り

スピンドルテープの種類に応じて両端20~30 mmを面取りします。

ze3接着

2つの面取りされた端を軽く均等に濡らし、一方を他方に置き、それらを一列に並べます。

ze4プライヤーが所定の温度に達していることを確認し、適切な圧力をかけて閉じてください。
重ね合わせられた2つの端を挿入して閉じます。
説明書に記載された時間が経過した後に取り外し、使用する前に冷まします。
あらかじめスピンドルテープに溶接をプリアレンジ加工されている場合:
保護用テープをはがし、スピンドルテープの種類に応じて指示通り重ね合わせ上記の手順同様行います
PAGETOP
Copyright © 株式会社マシンテックス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.